スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ayetown様へ/私の意見の至らなかった点について

少し時間がたった後で恐縮ですがayetownさんへ。先のローマ字入力とパソコンの日本語入力に関するお話についてです。

話の大元であるayetownさんのもっと早くからローマ字をでは

 教科書にないから低学年はカナキーを使う。ローマ字を習ったらローマ字キーに変える。これは二重の負担ではないか? 始めからローマ字にすればいい。

という話題提起をされました。これに対して私が述べた意見は、小学校のローマ字教育という需要に対してあまりにも無関心すぎました。

少なくとも私は、パソコンの日本語入力教育を延々と語るのと対を成す形で、小学校のローマ字教育について、パソコンの日本語入力制限以外の別手段を提示する必要があったでしょう。

これまで展開してきた私の意見そのものに変化が生じるわけではありませんが、上記の通り思慮に至らぬ点があったことをお詫びいたします。

“日本語入力制限以外の別手段”で小学校のローマ字教育の効率化をする手だてについては、残念ながら妙案が浮かびません。もちろん、さきほど「私の意見そのものに変化はない」と申し上げたとおり、効率化のためとはいえ子供の自尊心を阻害しかねない方法(=学校でのパソコン入力をローマ字に限定する方法)は取って欲しくないという気持ちは変わりません。

どうしてもパソコンにおけるローマ字入力縛りが一番効率的なのだと言うことでしたら、せめて、ローマ字を十分に理解した生徒には(これは希望者にテストの形で行うことでも構わないでしょう)パソコンでの文字入力法に関する制限を解除する、といったことは行ってほしいと考えています。

comment

Secret

 ayetownさんの該当記事向けコメントについて、私もお詫びせねばならない点がありましたので、先ほどコメントを書いてきました。
 #私の場合は、そもそも根本的に勘違いしていたわけですが…

 鈴見咲さんの記事がなければ、この勘違いに気づけないままにしていたかもしれません(いや、たぶんそのままにしてしまったはず)。
 考えるキッカケを提示いただき、ありがとうございます。
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。