スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事後に括弧を入れるための機能を追加してみた(姫踊子草2.0013.17)

こんばんは、しばらくご無沙汰しておりました。姫踊子草最新版のお知らせです。

  • フルスクリーンアプリケーション使用時の自動判定に難があった点を多少改良
  • 直前の変換入力に対して前後に括弧を入れるための機能を追加
  • 待ち入力表示関係ほか表示系の修正

任意のソフトウェアをフルスクリーンモードで動作させると、タイピング練習ソフトで指定した自動判定が正しく動作しないことがあります。

これは Windows 側からフルスクリーンにしたあとなぜかエクスプローラで作業中という情報が姫踊子草に誤って通知されるためなのですが、これでは困るということで、フルスクリーン化の後、五秒おきに何度か再判定を試みるようにしてみました。

フルスクリーン後最初の数秒~十数秒はおかしくても、なんとか正しく再判定できるようになったようです。


FYCb, FYCg, FYId で指定する新しい処理を追加しています。

FYCb, FYCg は「出力開始時点で直前の1文字以上の未確定文字列」の文字数だけ矢印キー左または右を出力します。直前の1文字以上、ということで、確定前ならその文字数分、確定直後ならその確定分の文字数だけ移動します。

もちろん未確定文字列がある状態で矢印左右を出力しても通常は意味がありません。そこで、その時点で未確定文字列がある場合にのみ Enter を出力する FYId も新設しています。ただし出力の先頭にない場合は常に Enter を出力します。

で、そんな機能つけてどうするのかというと、FYIdFYCb(FYIdFYCg)FYId と書くことで単語を変換入力した後それを括弧でくくれます、というわけ。

新下駄配列に括弧類を入力してから矢印左キーを出力する、というのがありましたがその逆パターンです。

そうは言っても戻る数/進む数が直前の未確定文字列の長さなので、役立つかどうかは入力スタイル次第。

むしろこの機能をつける際に自動のシフトキー操作関係を修正したことのほうが重要で、家(入終)入 と書くことで同様の機能を使いたいという方の希望を実現する際に問題がみつかったのでした。

家(入終)入 のほうが、未確定文字列がないときに行頭から行末までをくくってくれるので便利かもしれません。動くかどうかはIME側やテキストエディタ側の設定にもよりますけれど。


今日だけでなく前回のブログから途中二度更新していたのですが、一度はお知らせそのものを忘れ、もう一度は公開したけど機能するのが Microsoft IME だけで、それは簡単に直せそうだからいいかなーと思ってたら意外にややこしいことになって今日まで掛かってしまいました、という感じで。あとなんか頭痛がする。

版2.0013号構築17番です。入手は従来と同じく公式サイトより、または四日前後お待ちの上でVectorの姫踊子草ダウンロード頁からお願いいたします。


ぶっちゃけ FYCb とか曲芸に過ぎるので変更とか削除とかあるかもしれません。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

comment

Secret

Re: 家(入終)入

どういたしまして。
こちらとしても予想外の問題点が見つかって助かりました。

ぼちぼちご愛用くださいませ。

家(入終)入

こんばんは。
家(入終)入 の対応ありがとうございました。
当方の環境でも処理可能となりました。
なんか胸のモヤモヤが取れたようでスッキリです。
今後も「姫踊子草」を動作範疇ギリギリで(笑)
使わせて戴きます。
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。