スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配列の詳細表示に関する修正他(姫踊子草2.0009.0)

dvorak準拠のキー操作表示になっている配列詳細表示

こんばんわん、というのはいないんでしたっけか。本日も姫踊子草の公開最新版を更新しております。姫踊子草版2.0009号構築0番です。

今回は主に最近いじっていた、配列の詳細表示に関する問題をいくつか修正しています。

  • Tabキーによる項目間移動ができない問題を修正。
  • 英数字配列準拠表示を再度選択したときに正しく動作しない問題を修正。

姫踊子草の設定窓口は極力キーボードだけでも操作可能にしております。ところが配列の詳細表示ではそれができなかったのを直しました。地味にめんどくさかった。

英数字配列準拠表示を再選択したとき云々は読んでのとおり。最初から選択されていて、そのときはちゃんと動作しているので気づけなかったという。


ローマ字タイピング練習ソフト対応モードでは、かな配列によってどの文字を保留すべきかが変わってきます。

たとえば、濁音の濁点を後から独立して入力するような配列の場合はカ行サ行タ行ハ行の清音を入力した時点では練習ソフトの方にデータを送ることができません。次の入力かEnterが入力されるまで確定せずに待ちます。

この機能に関して、旧姫踊子草では完全に配列の製作者任せ、姫踊子草2ではまったくの自動判定を行って来ました。

ところが拗音についての判定がちょっと厳しすぎるようで、また、どれだけあれば必要十分なのか確定的に言うことも難しいといえば難しいので、TypeModeDefault=に32関連の値があった場合は自動判定を行わずにそちらに従うようにしました。


それから、見かけ上はわからない修正点があるので、版号も構築番号ではなくその上の数字を上げて公開しています。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

comment

Secret

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。