スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち入力表示が英数字配列準拠に他(姫踊子草2.0008.0)

どうにもキリのいいところで一日が終われないのですけど、改良はしているので公開最新版を更新しております。姫踊子草版2.0008号構築0番です。いつものように公式サイトから入手いただけます。

前回の更新で、設定窓口からの配列詳細表示につかうキー表現の方法を考えてみたのですが、前回のはあんまり分かりやすくなさそうなのでキャンセル。今回それとは別の三つの方法を考えてみました。

  • 上中下 + 全角数字
  • 左右 + 指の名(カタカナ・ひらがな・漢字)
  • 漢数字 + 全角数字 + ローマ数字

このうち上二つはキー一つを二文字で表現。下の一つは一文字で表現、みたいなことになってます。

いろいろ試行錯誤した割にはあんまり役に立たなさそうな。それでもQwerty決め打ちよりはましですかねー、といったところで。

これらに加えて、英数字配列を元にした位置表示も可能になっていて、使える場合はこれが初期設定として使われるようにしました。

たとえばかな配列がDvorakを前提としているのに操作表がQwertyに基づいているのはいかがなもんか、という点が解消されました。

同様に、本体側の待ち入力表示についても、英数字配列をもとにした位置表示に変更しております。これが今日の表題の件。


えーとなんか文字ばっかりですみません。次かその次辺りで図か表入れます。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

comment

Secret

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。