スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画の感想ありがとうございます。

先日公開した動画への詳細な感想をありがとうございます。

かえでさん

変に濁点付き拗音を分解したりせず、あの表では「そのまま表に濁点付き拗音を書いて」おいた方が解りやすかったわけですね。

一概にはなんとも。前にも申しましたとおりあそこまでまとめられた時点で相当な力作だと思ったものですから。

前に撮影したときは、凄く緊張してかなり焦りつつ撮影していたのですが(ええと…私、公開用の動画を5回くらい撮り直しています^^;。鈴見咲さんの動画よりも更にトンデモな状況でしたし…)、

入力の様子ではなく撮影画像の方の理由で最初から取り直し、というのは私も五回くらいやりました。だから ATOK が先読みで入力候補を表示してます。先読みの確定は使いませんでしたが辞書的に先に出ては来てると。

Uジローさん。言い訳をすればするほど妙な雰囲気が加速していくのはきっと気のせいでしょう。か。

また、若干、キーを強めに叩いているように見えるが、やはり同時打鍵という特性上、そうなるのであろうか。

他の人が力一杯 Enter やスペースキーを叩いているのを見て驚いたことが複数回あります。客観的に見ても私の打鍵はそれほど強くはないはずですが、同時打鍵を考慮するとある程度の強さはあるのかもしれません。

同じ同時打鍵でも、飛鳥の入力法ではあまり強く叩きすぎるとかえってやりにくそうなイメージがありますね。かえでさんの画像も私よりは弱めの打鍵に見えました。だけど Ray さんは結構強めに叩いているんでしたっけか?

qua_rkさん。かえでさんやUジローさんと比べると短い感想に見えますが↓

数少ないミスは主に隣のキーや全然関係ない(目的のキーから離れた)キーを押してしまったもので、それ以外は親指シフトのタイミングずれが1回、中指シフトのタイミングずれが1回でした。(1回のみの確認なので間違ってたらごめんなさい)

…なにげに細かい検証をされてます。五分半の動画を。「最大の」がずばっと、どころではありません、お疲れ様でした。実はミスタッチはもっとたくさんありますが、あの動画だとミスタッチなのか文章直しなのか判然としないところも多いですね。

文章の推敲まで考慮すると、ミスタッチが起きにくい入力法であることよりも BackSpace などが入力しやすい入力法であることの方が重要な要素なのかもしれません。これは新たな発見かも。

家系(かけい)とかミスしやすくありません?

Dvorak の ch や姫踊子草配列上の「く」と「き」を入力しようとして BackSpace が入ってしまう、いうのが一番目立つパターンのような気がします。正確さ、効率、スピードを追求していくとやはりそのあたりは問題になっていくでしょうね。ただご承知の通り、その追求レベルも個人毎に異なるという考え方を具現化しているのがソフトウェアとしての姫踊子草です。

他のお二方もそうですが、詳細に分析してくださっているのが作った甲斐もあったというものです。ていうかこりゃ真剣に自分以外の動画も“観察”せにゃいかんな。

もちろんそこまで観察されてない方でも感想コメント・トラックバックは歓迎いたしますのでどうぞご遠慮なく。

と言ったところで、ある程度の補足を。すでにトラックバックを頂いた三人の方は確認済みかと思いますが。

  • 英字入力は Dvorak ですが、シフト側の文字は小指シフトではなくスペースキーとの同時打鍵で入力しています。
  • 上記に限らず、動画内で小指のシフトキーは使われていません。
  • 英字入力の際には一旦 IME を OFF にしています。これは、Qwerty の O+H の同時入力で実現しています。
  • 従って、VHSとかLEDとかが入力される前には
    1. O+H で IME を切り、
    2. A+E で Capslock を ON にして、
    3. LED もしくは VHS と入力し、
    4. Capslock や IME を元に戻す。
    という手順を取っています。三文字程度だと Capslock ではなく親指キーによる大文字シフト連打のことも多いのですが。
  • スペースキーの打鍵は常に左手親指です。特に規定や物理的制限があるわけではないのですが、私にとってはこれが一番自然に入力できるようです。

これだけの長文を打ち込むと結構疲れますね。姫踊子草配列の疲労度については検証が必要かもしれませんw

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとまりのないメモ

昨日、機能キーのことを書いたのだけど、早速、大ボケをしていました。jisx6004さんのご指摘で気付いたのですが、変換や無変換にBSやEnterを配置する流儀、つまり、「1.文字キー外に置かれた専用キーを使用」ではあるんだけど、打ちやすい位置(主に親指)に移動する、とい

comment

Secret

「修正の容易さ」は確かに重要かと

 そういえば、NICOLAの「:→BS」という設定は使いやすくて良かった気がします。ぎっちょんさんが何度か「変換・無変換・後退の位置は重要」と仰っていましたが、その意味がより鮮明になった気がします。
 飛鳥の「]→BS」はさすがに遠くてビミョーですね…こうなると、「誤打のコストを背負ってでも」姫踊子草制御一版を使用しようかと考えてしまいます。
 打鍵ミスはカナの使用頻度に関係なく「いつ生じるか解らない」だけに、可能な限り打ちやすい配置と方法を採るべきだと思った次第です。
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。