スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATOK2010の細かい不満を解消する手段の提供(姫踊子草2.0004.26)

ATOK2010対応策

本日は補助鍵盤画像関係の改良をお休みして、ATOK2010への対応策に関する更新です。姫踊子草版2.0004号構築26番、公式サイトにて最新版を公開しております。

ATOK 2010に対しては、姫踊子草からキー操作ではなく直接文字を送信することができるようになっています。ところが細かいところで下記のような問題点があります。

  • 変換を開始するまで句読点が半角になっている。
  • IMEをオンにしたままの半角固定入力の直後に仮名文字を入力すると、半角固定のはずの直前部分が全角になることがある。

いずれも気にする人は気にするという感じの問題ではありますが、対応なしというのもあんまりですので、そこで今回の更新内容というわけです。

設定方法についてはもう図を見ていただいた方が早いと思いますが一応箇条書き。まずは設定窓口を出してください。

  1. 設定窓口で[ IMEに対する動作 ] のページを出します。
  2. ATOK 2010の行の手動設定名が「自動対応に従う」になっているところを「ATOK」にします。
  3. すると右に[ 細則 ]ボタンが出てきますのでこれをクリックするなどして実行します。
  4. 「かな文字の出力にはキー操作を使う」を有効にします。
  5. [ OK ] ボタンをクリックするなどして実行。
  6. 設定窓口を閉じて完了です。

ちなみにこの設定を行っても二重鉤括弧『』などの記号や漢字とかはそのまま文字でATOK2010に渡します。全部を旧来のローマ字あるいはかな入力のキー操作に戻す(=直接確定以外では入力できなくなる)ということではありません。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

comment

Secret

Re: No title

> 日ドライバ英鍵盤Xを適用してるときは
> ・バッククォートに割り振ってるキーを押す = バッククォートが入力される
> ・Alt + バッククォート = IMEのOn/Off
> になってたので、同じ事は出来ないのかな、と思いました。

本日対応しました。下記記事を参照ください。これだと困るという場合はまたお申し付けくださいませー。
http://suzumizaki.blog6.fc2.com/blog-entry-181.html

No title

素早い回答ありがとうございます。

http://gyazo.com/16a93737ae1e225c64e94b86c34726bc.png
現在のキー配列をこう設定しているんですがバッククォートに割り振ってるキーを押すとIMEのOn/Offになってしまいます。
日ドライバ英鍵盤Xを適用してるときは
・バッククォートに割り振ってるキーを押す = バッククォートが入力される
・Alt + バッククォート = IMEのOn/Off
になってたので、同じ事は出来ないのかな、と思いました。

よろしくお願いします。

Re: No title

> とりあえずしばらく使ってみましたが、問題なく動作しているようです。

うまくいっているようでなによりです。

> 以前の姫踊子草で
> 設定>変換>ローマ字化>日ドライバ英鍵盤X
> を使っていたのですが、姫踊子草2だとどこで実現したらいいんでしょうか

以前お話を伺ったときの内容を見ました。もしかしたら現状ではまだ再現不可能かも。
とりあえず、今、何に問題があります?

No title

とりあえずしばらく使ってみましたが、問題なく動作しているようです。

一つ質問です。

以前の姫踊子草で
設定>変換>ローマ字化>日ドライバ英鍵盤X
を使っていたのですが、姫踊子草2だとどこで実現したらいいんでしょうか

No title

おおお、すばやい対応ありがとうございます!
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。