スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補助鍵盤画像の枠と重なってもクリック可能に(姫踊子草2.0004.21)

RGB, HSV, HSLで色指定できます

本日も公式サイトにて公開最新版を更新しております。

昨日の更新時に予告した、設定窓口から色を変更している作業中でも本体に反映させるという機能が実現いたしました。ただし、スライダーをがーっと弄るよりはクリックでちょんちょんと近づいて行く方が反応が良いです。

他のアプリケーションにあるような一般的なスライダーと異なり、クリック一発で目的の位置に移動しますので、こと色指定の場合はこれを活用ください。

今、色ボタンそのものではなくその上の[文字色]と書いた部分にしかポップアップヘルプがないことに気づきました。そこに書いてある通り、RGB形式だけでなくHSV形式やHSL形式でも色が選択できるようになっています。

初回だけ副ボタンクリック(右利き設定なら右ボタン)で形式変更を選択いただく必要がありますが、それ以後は副ボタンクリックで選んだ方法で主ボタン(同左ボタン)でも色選択するようになります。

あと、ボタンから色の複写と貼り付けができるとかも豆知識。副ボタンクリックのCopyとPasteを使えるだけでなく、キーボードから操作して当該ボタンにフォーカスが当たっているときはCtrl+C, Ctrl+Vで対応できます。

姫踊子草は世界初の三方式+Windows標準ダイアログで色選択が可能なキー入力入れ替えソフトです(えー


もう一件、表題の話です。補助鍵盤画像が常時指示具で移動/再採寸可能なとき(マウスとかで移動とリサイズが可能なとき)、たまたまそこにクリックしたいものが重なるとそちらを操作できないという問題点がありましたが、これを解消しました。

枠をクリックすると左でも右でも一秒ほど内部が透明になり、この間はドラッグによる移動や再採寸はできなくなります。クリック情報は擬似的に再発行しますので、要するに普通に各種アプリケーションが使えるようになります 。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

comment

Secret

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。