スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATOK2008で句読点が打てない?

[2011-01-29 20:51追記] ATOK 2008に対して常に動作しないのかどうかは不明です。お問い合わせ頂いた方の環境でだけうまくいかなかった可能性もあります。


メールで姫踊子草2の不具合報告を受けた。

  • NICOLA(Japanist)を指定
  • Windows 7 Professional 32bit
  • ATOK 2008
  • 親指シフト自体はだいたいできる
  • 「。」が「p」、「、」が「z」になってしまう
  • 旧姫踊子草ではこのような現象は起きない

というわけで、こちらでも確認してみたのだが…普通に入力できる。ATOK2006で。XP 32bit・Vista 64bit・Windows 7 64bit すべてでOK。

ATOK2008で何か変わったのか。Windows 7の32bitで何か違いがあるのか。

今のところ手がかりなし、なのだが…ちょっと気になる別のことが。

新姫踊子草では通常文字キーについては内部的に位置番号で管理していて、フルキー側の1を2、0を11、BS,Tabを15, 16のつもりで飛ばして、qキーを17…というようになっている。

ここでa=2,b=3,c=4…で当てはめていくと、ちょうどpとzの位置に上記NICOLAの「。」と「、」が来るのだ。[取り消し線については追記参照]だけどそれが何を意味するのかよくわからない。そのほかの文字は普通に入力できるようなので姫踊子草がまったく動いていないわけではないはず。

旧姫踊子草ではちゃんと入力できるのだから、ATOKの設定がおかしいとかハード・ソフト構成によるものでもないと思う。

pとzが出力されるということは新姫踊子草が配列データをスルーした上に、なぜか位置番号を仮想鉤符号(virtual key code を訳してみた)に変換して出力していることになる?どうゆうことなの…

そういえば最近のATOKの体験版だけを使ってみて、SendInputで文字を送ったら変な反応返してきたことがあった記憶があるけど。最終的に新姫踊子草では、ATOKに対してかな文字系統のSendInputは使ってないはずだし、もし使っていたとしても配列データがスルーされてる時点でかなりおかしい。んー。

[2011-01-18 20:55追記]ATOK2010体験版を入れて試してみたがやはりpやらzやらが入ることはない。ただし句読点が半角で入ってしまう謎現象発見、また別のバグも見つけたので近いうちに最新版提供予定。

[2011-01-24 20:43追記]pとzが順番どおりの位置に来るという話、句点と読点の位置が逆だ。根本的に成り立たない。打ち消し線引いておきました。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

comment

Secret

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。