スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pydev関係メモ。

ちょっとした作業用にPythonを利用することがあって、それで日本語化したEclipsePydevを突っ込む形で割と便利に使ってます。

Python 3になるとクラス名や関数名にも日本語使い放題でプログラミングが楽しいことになったりしますが、一方でPydev側の妙な動作の一因になったりならなかったり。

Pydevにおけるソースコードのエンコーディングは:

  • ワークスペース単位の共通設定
  • プロジェクトとしての共通設定
  • フォルダごとの共通設定(srcフォルダとか)
  • モジュール個別の設定(個々の.pyファイル単位)

てな感じで、指定がなければより上の階層で指定したエンコーディングを使うらしい。んで、この設定によってはPydevのアウトライン表示やコードアシストが文字化けして、コードはちゃんと動くのにエラーチェックが誤った報告をしてきて悲しい思いをしたりする。

今のところ:

  • ワークスペース:UTF-8(全体のデフォルトになっているMS932上書き)
  • プロジェクト:MS932(ワークスペースのUTF-8を上書き)
  • srcフォルダ:UTF-8(プロジェクトのMS932を上書き)
  • 各.pyファイル: コンテナから継承(srcフォルダのUTF-8を維持)
  • 実際の.pyファイル: # coding:UTF-8 を指定

という形でどうやらすべてが上手くいっているようだがなんか釈然としないものが。最終的な辻褄は合ってるんですけど。とかいいつつ今試しにプロジェクトのMS932をUTF-8にしても問題なかった。あれー?

別件でPydevのデバッガーがエラーになる件を見つけた。エラー報告がなされていないのと解決方法をもうちょっと工夫しなくてはならないのとでバグトラッカに報告しといた。エンコーディングの判定だからopen(file, "rb")でないと意味がないのな。

姫踊子草的には下準備系の作業中…本体更新はしばらくないかも。この手の私の発言はいまいち信用ならんですが。

theme : Eclipse
genre : コンピュータ

comment

Secret

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。