スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓使いの憂鬱のライセンス

窓使いの憂鬱のライセンスに関する回答です。結論から先に言っちゃうと繭姫で使う分には問題ないでしょう。念のため、というのでもないですがライセンスの条件部分は下記の通り。

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

  1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
  2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
  3. The name of the author may not be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.

ここまでを翻訳するとだいたいこうなる。はず。

改変を受けた物であるか否か、またソースコード形態かバイナリ形態であるかを問わず、以下の条件を満たす限りにおいて、再配布と利用が許可されます。

  1. ソースコード形態での再配布の際には上記の著作権表記、この条件一覧、および後続の免責条項を残しておかなければならない。
  2. バイナリ形態での再配布の際には、元の配布物に同梱されている文書[および/または]その他の実体に含まれている上記の著作権表記、この条件一覧、および後続の免責条項を複製・同梱しなくてはならない。
  3. あらかじめ特に許可された場合を除き、このソフトウェアを元に作成された製品を推奨するためにこのソフトウェアの著者名を利用してはならない。

「上記の著作権表記」は引用したところの上にある "Copyright (C) 1999-2003, TAGA Nayuta All rights reserved." の部分。

「後続の免責条項」というのは引用部分の下にある全文大文字で書いてあるアレ。こっちは訳さないけど要するに各種の不具合、何かとんでもないことが起きても責任取れませんよ、ということが書いてある。はず。

endorce or promote は似たような言葉なので推奨の一言にまとめた。may not は「しないかもしれない」ではなく「してはならない」だろうね。

実はそのあとの Regex++ のライセンスが現在の開発版 Mayu (CVSにあるもの)では boost.regex に差しかわっていたりするのですが本質的には変化がないというか何ら問題ないはずです。内容自体も Mayu と同様というのは言い過ぎですが繭姫的にはほぼ同じ。

もうすこし具体的に書くと、こういうことを考えてる。

  • 繭姫の公開・配布の際には Mayu と boost.regex のライセンス文書が同梱されていなくてはならない。というのは両方のソースコードを応用/利用して作ってるから。
  • Mayu のソースコードを応用して何か作ることは条件さえ満たせば問題なし。ライセンス文書さえ添付しておけば繭姫のソースコードを公開しなくていいのでシェアウェアにすることができる。従来の姫踊子草の購入を必須にするつもり。
  • 私自身は Mayu のデバイスドライバを作ることができないので、Mayu と姫踊子草の両方がインストールされていて、なおかつ両者を起動していない状態で繭姫を起動させる、という使い方になる。繭姫は Mayu のデバイスドライバと姫踊子草の設定だけ起こして使うということ。
  • 繭姫は Mayu のデバイスドライバを利用しています、と書くのは OK 。ただし「TAGA Nayuta さんの…」という文言を入れるのはまずい(文脈にもよるかもしれないが)。素直に書かないのが吉。

なんにせよ繭姫の場合はあまり気にしなくてもよろしいという結論になるはずです。申し訳ありませんが、今のところ姫踊子草の肝となる部分のコードを Mayu に寄贈するとかオープンソースにするとかいう気はありませんのでその点はご留意願います。

ごめん、なんか読みにくいけど修正は後日にする。

comment

Secret

 ライセンスと動作の様子について、解説いただきありがとうございます!
 &余計なこと(→妄想)を書いてしまってすみませんでした(ioi)
 (いつかどこかからそういうツッコミが出そうだな…という気がしたので、あらかじめ確認させていただきたかった…というのが正直なところなのですが、だからといってああいう書き方はダメだよな…と、今更になって思い直した次第です)

 繭姫完成の暁には、どこかテキトーなオンラインゲームなどで同時打鍵系配列が使用出来るかどうかを試してみますね。
 一応、まわりにRagnarokOnlineのアカウントを持ってる人がいるので、そっちは試させてもらうとして…あとはベータテスト中のマギノビかな。
 「オンラインゲームのチャットでタッチタイプを覚えました!」とゆー人が案外にも多いらしいだけに、繭姫には期待大です!
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。