スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IME開発者へインタビュー予定@Channel 9日本版

Channel 9日本版でIME開発スタッフへのインタビューが7月頃に予定されているそうです。

皆様が特に聞いてみたいことがありましたら、コメント・メールでご連絡いただければと思います。

って書いてありますが、トラックバックじゃいかんのかしら?
OK ならこのままお読みいただければいいし、だめなら改めてメールかコメントつけますけど。とりあえず内容を絞ってみました。

1) 新しいMS-IMEでは従来の方法による情報提供が行われなくなってしまうのか否か。

具体的には MS-IME を使っているときに Win32 API の Imm で始まる関数が意味のある値を返すかどうか。

もしこの種のサポートが無くなってしまえば、いろいろな方法でIMEの不満を独自に解消してきたユーザーの努力がいったん崩壊することになる。

2) テキストサービスフレームワーク(以下TSF)において、「キーボードからひらがな/カタカナへの変換」と「ひらがなカタカナから漢字交じり文への変換」の二層に分離する予定はあるか。

仮名漢字変換よりも、それ以前のローマ字(または四段JISかな)→ひらがなカタカナ変換でつまづいている人がある程度存在する。
そういう人々は、仮名漢字変換は商用の物をそのまま使い、キーボードからひらがなカタカナへは自主開発の物を使うことで対処してきた歴史がある(親指ひゅんQQ's Nicolatterやまぶき、拙作姫踊子草など)。

TSFにおいて、このように商業ベースでは救済できない補助を必要とする人が自ら解決する道を開いておくことの必要性は認識されているか。

※親指シフトは多くの選択肢の一つであり、それだけをクリアすればいいという話ではないので注意。

Windows Vista β2ではMicrosoft IMEがTSF上のサービスとしてしか動作していないことは私の記事の通り、だと思います。Windows XP 同様それなりにサポートされるのか、それともこのまま突っ走ってしまうのか。TSF上で上記の二層分離ができるのであれば、MS-IME は従来どおりQwertyローマ字と四段JISかなだけをサポートを行うのもありだと思いますが。

パソコンが仕事にも生活にも入り込むようになった今、単純な入力弱者の切り捨てだけで済む問題ではなくなっています。そこにユーザーインターフェースには定評のあるマイクロソフトがどう応えるか?あるいは全く応えないのか?ぜひそのあたりを聞かせてほしいと思っています。

theme : タイピング
genre : コンピュータ

comment

Secret

コメントありがとうございます。

> Channel9 日本版担当者様

同内容でメールを送信しておきました。ビデオ内容、期待しております。

トラックバックありがとうございます。
(1)と(2)、それぞれ、担当者に聞いてみます。特に開発系の人に重要な内容だと思いますので、ビデオに含められるよう検討してみます。

忘れると困るので、差し支えなければメールで送っていただくと幸いです。
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。