スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのりさんの姫踊子草かな配列感想

みのりさんによる姫踊子草かな配列を打ってみるが公開されています。

姫踊子草かな配列(Wikipedia/当ブログ)は見かけのややこしさから敬遠されることが多いようですが、そこを乗り越えて試してくださったみのりさんにまずは感謝。

それで、一つ一つ打ってみたのですが、最初に漠然と予想していたよりもずっと覚えやすく打ちやすい仕掛けになっている配列だな、という印象です。
アンシフト静音が絶妙の配置になっているおかげかなと。

そりゃもう自分が覚えにくかったり使いにくかったりしたら話になりませんから。
冗談はさておき、手作り配列の中では入力効率よりも規則性の方が高めの設計になっていることは確かだと思います。それが見た目よりも簡単な印象につながっているのでしょう。

隣同士というのは例えば「KL」の同時押しで「ん」、「DF」の同時押しで「っ」になります。個人的にはこの打鍵が一番難しいですね……。同時打鍵のつもりが、逐次打鍵になってしまう事、またその逆など。

姫踊子草配列の中で、どの組み合わせが使いにくいかは人にも環境にもよるのではないかと思います。もともと「どんなに頑張ってもミスタッチが減らない自分向け」に開発した経緯があるので、間違って判定されたら姫踊子草制御入力配列(繭姫の場合。姫踊子草では「制御一版」)の方で I+J もしくは E+F の同時押しで片っ端から削除していくということで。

自分が一番姫踊子草配列を打っていて面白いと感じたのは、今まであまり見た事がない規則性がある所です。
拗音がくっつく平仮名は右手に集まっているとか、親指シフトを濁音キーにするため濁音がつくカナはアンシフトなど、あまり他の配列には無い配列方式が面白いし意欲的だなあと。あ、こういう考え方があるんだ、という感じでした。

入力配列の理想は現実にしばしば阻まれるのはみなさん経験されていることで。姫踊子草配列は、目標に対してほとんど妥協なく成立した希有な例かもしれません。それでも「六版六案」に至るまでの試行錯誤はありましたけどね。

おなじ拗音一打系でも下駄配列では拗音同士にしか規則性がない点に何を重視するかの立場の違いが出ています。

theme : タイピング
genre : コンピュータ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

姫踊子草かな配列の感想を読んで

 『漢直ノート』に姫踊子草かな配列配列を使った感想が書かれていて、『姫踊子草の楽屋裏』にそれに対するコメントが書かれています。 「姫踊子草かな配列配列」といえば、下駄配列のずっと前からある文字キー同時打鍵を使った(親指シフトも使う)かな配列。文字キー同時

comment

Secret

読点句点促音撥音、どれも同時打鍵の方を使っています。最下段の単打よりもホームポジションの同時打鍵の方が入力しやすかったと。なんとなくですが。

あ、下のを書きこんでから気がつきましたが「い」と「う」ですね。
これを「い」と「ん」と読み違えてました(^^;
って、うわーーすごい間違いをまた…。恥ずorz

えーと本題に何とか戻ると、「う」が小指にきているのも少し気になりましたが、自分の配列でも頻度が高めな「ん」が「A+」 と両方の小指を使う運指なので小指を使うのに慣れているらしく、「い」「う」どっちの打鍵 も早い段階ですんなりと指が慣れました。


>「い」「う」が小指に来ているのは
「い」は多少気になりましたけど、Aの場所は意外と打ちやすくて自分の配列でも頻度が高めの文字を割り当てているので、結構すんなりと慣れました。
「ん」は……あれ、姫踊子草配列って「ん」を小指で打つ運指がありまっけ?? やっぱり何か見落としてるのかも。。

頻度が低い運指の定義は、特に代替法を持つ配列だと選択肢が複数ある分、悩み所になりそうですね。
「、」「。」や「っ」も複数の打ち方がありますが、鈴見咲さんは常に同時打鍵運指の方を使ってられるのかな、とちょっと知りたかったりもします。

> 読んで下さってありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。うまく理解されないことがあったとすれば、それは多分にこちらの説明不足のせいでしょうから気になさらずに。

>特殊な運指もあるけれど、そういうのはたいてい頻
>度が低いので

頻度が低い運指をどの程度わかりやすく(わかりにくく)するかも悩ましいところなんですよね。あんまりわかりにくいところに置くと代替法を使ってしまって結局全く使われなくなったりします。姫踊子草かな配列にあった+とか-とかがその例で、実は姫踊子草Dvorakに定義した別法を使うことがほとんどです。

>通常の文字の場合五十音順規則の並びよりもずっと
>慣れるのが早かったです。これは五十音順よりも、実
>用的な日本語の規則性に近いからじゃないかな、と
>新しい発見でした。

他の配列の方がそのあたりよく考えて作られているはずなんですが、自分向けにチューニングしたつもりでもある程度はそうなってしまうようです。ただし、出現数が多いとされる「い」「う」が小指に来ているのは結構異質なはずですが、あんまり気にならないのかしら。

>このverになるまでどんな紆余曲折があったのだろう…

いつか公開しようと思いつつ今日まで手つかず。

読んで下さってありがとうございます。あの記事を書きながら、何か間違ってる事を書いてそうだな……と少しひやひやしていたもので^^; ほっとしました。

>見かけのややこしさから
実際に打ってみると、むしろ覚えやすい方の配列だったのでちょっと驚きました。。
特殊な運指もあるけれど、そういうのはたいてい頻度が低いので後回しに覚えていくとして、通常の文字の場合五十音順規則の並びよりもずっと慣れるのが早かったです。
これは五十音順よりも、実用的な日本語の規則性に近いからじゃないかな、と新しい発見でした。

姫踊子草配列は「六版六案」なんですよね……このverになるまでどんな紆余曲折があったのだろう…と想像してしまいます。
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。