スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定窓口へのD&Dに対する対応柔軟化他(姫踊子草2.0012.0)

こんばんは。六月最初の姫踊子草更新です。

  • 設定窓口への配列ファイルドラッグアンドドロップ処理柔軟化
  • 打鍵受付と加工出力処理の内部的変更

一点目。これまで、設定窓口の配列/入力法一覧表に外部からデータファイルをドラックアンドドロップする前に種別を合わせたページを表示させる必要がありましたが、今回からはドロップしたファイルに合わせてページのほうが変化するようになりました。たとえば「◆かな文字配列」を表示中に制御出力配列用のデータファイルをドロップしてもOK、という話です。些細なことですが。

二点目。これは外から見ている分には判断のしようがないことですが、内部動作に小さくとも影響のありそうな手の加え方をしましたので版号も2.0011から2.0012に上がっています。

技術的な説明をしておくと、SetWindowsHookExを使うスレッドと、補助鍵盤画像とか待ち入力表示とか状態表示アイコンとかのGUI系統のスレッドを明確に分離しました。出力処理についてはフックをかけるスレッドと同一にしてあります。そのほうが排他制御とかややこしいことを避けやすいと思ったので。

逆に言うとこれまでそのあたりがすっきりしてなかったのでありまして。

ちなみに、このことが Ctrl などの押しっぱなし現象の解消につながるかどうかというと、ちょっと考えた限りでは改良に繋がってなさそうな気がするんですが、どういうわけか今のところ好調です。これまでもたまたまそうだったことばっかりだったので、今回も多分気のせいなのでしょうが様子見。

公開最新版姫踊子草版2.0012号構築0番はいつもの通り公式サイトから入手いただけます。

ドロップしたファイルに合わせて遷移します
スポンサーサイト

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

勝手に片仮名入力になる不具合の解消?(姫踊子草2.0012.1)

こんばんは。ちょっと間を開けての更新となります。

姫踊子草には昔のパソコンを模した機能としてCapslock点灯時+仮名文字入力状態で自動的にカタカナ入力に切り替わるというものが用意されているのですが、これを無効としているときにも勝手にカタカナ入力になってしまう不具合が時々報告されていました。

今回、対処できたかどうかははっきりしないのですが対策処理を入れてみたのでそれを公開しています。

この機能、初期設定では無効になっているので心当たりのある方は本版導入以前と以後をいくらかでも意識していただいて、改善されたかどうかをなんとなくでもどこかに書いていただければ幸いです。

いつものとおり、公式サイトにて入手いただけます。姫踊子草版2.0012号構築1番です。


もう一つ、以前より問題になっていた勝手にCtrlキーが押しっぱなし扱いになってしまう問題。これは前の版(2.0012.0)あたりから発生率が激減した、ような気がします。コンピューター全体の動作が重いときにはやっぱり発生するようなのですが、少なくとも私のところでははっきりわかる程度に減った、ような気がします。

表現が微妙にならざるを得ないのがつらいところで。


現在Vectorさんのほうで公開されている姫踊子草、ファイル名の末尾が 2.0012.0.1.exe 、文字での版号表記が 2.0011号構築7番になってますが、これは後者の修正申告忘れです。きょう公開した版でじき上書きされます。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

少し前の版も再入手できるようにしました(姫踊子草)

おはようございます。最新版の姫踊子草に関してとうとう Ctrl キーほか固定問題を解決したかとおもいきや、強制終了が頻発するようになった方がいらっしゃるようで、ご迷惑をおかけしております。

現時点でもどうしてそんなことになるのかさっぱり検討がつかず、かつ私のパソコンでは XP, Vista, 7 のいずれでもまったく強制終了が発生しないという困ったことになっておりまして。

仕方が無いので当面の対策と今後のためということで、公式サイトからは比較的最近の旧版も再度入手できるようにしておきました。


この問題、上記のとおり現状かなり難解な状況になっております。

発生条件の特定が難しいとの報告から、マルチスレッドの管理でどこかヘマやらかしているのかなぁくらいの想像はできますが、むしろ今回のはスレッドの役割が明確化されていて簡素になってるはずなのでありまして。

報告を受けたのは版2.0012.1号の後のようなのですが、まさか PostMessage を HWND_BROADCAST とユーザー定義メッセージ識別子で利用したことが原因ではないでしょうし…あるいはそのときに大量発生するかもしれない DLL 側に残っている OutputDebugString が原因とも考えにくいし(もしそうなら姫踊子草ではなく多分にテキストエディタ側が落っこちそうだしましてや OS 側にそんな脆弱性があるとは思えない)。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

発見した問題点を修正(姫踊子草2.0012.2)

こんばんは。姫踊子草の更新のお知らせです。前回お知らせした件で、ようやく問題点が一箇所見つかったのでその部分を修正しました。

なにしろ現在まで私のコンピュータであれこれやってみてやっと二回だけ強制終了が発生したという状況なので、これでうまくいったかどうかは何とも言えませんが、前版よりはマシになっていると思います。

設定や基本性能などの面での更新は今回はありません。

慣例通り、公式サイトより最新版を入手いただけます。姫踊子草版2.0012号構築2番です。


技術的解説: 今回発見した問題点は、スレッド管理の問題でした。かつ、ある程度速い打鍵を行っていないと発生しにくい類と言えば言える種類。とはいえ、例えばキーを一度にぐじゃっとたくさん押したら発生するかというとそういうことでもなかったらしく。むずかしーですなー。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

問題点をもう一点修正(姫踊子草2.0012.3)

こんばんは。姫踊子草の細かい修正が続いております。

昨日行った作業と別件の問題点のあわせ技みたいな状態で、設定集合を本体から切り替えたときに高い割合で強制終了してしまう問題を修正しました。もっともこの機能を実際に使っているという話は聞いたことないんですが。

もう一点、姫踊子草の終了時に見た目ほとんどわからないような問題点も発生しておりましたのでこちらも修正しております。姫踊子草の終了は通常コンピュータの電源を切るときなのでますますもって細かい話になりますけれどもほっとくわけにいきませんゆえ。

慣例どおり、公式サイトより最新版を入手いただけます。姫踊子草版2.0012号構築3番です。


技術的な詳細: 一つ目は TryEnterCriticalSection が失敗したときに誤って LeaveCriticalSection(0) を呼び出してしまう変なコードが原因。二つ目はマルチスレッドの終了タイミングと CoUninitalize 実行の前後関係がおかしくなっていたので「0x80010108: 起動されたオブジェクトはクライアントから切断されました。」が20個ほど発生していたのを修正した趣旨。

下は実は作った本人が一番便利に使っているんじゃないかと思われる設定集合切り替えメニューの図。


設定集合切り替えメニューの図

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。