スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定窓口の一覧並べ替え機能をわずかに改良(姫踊子草2.0011.2)

こんばんは。地道な作業が進行中です。

新しい姫踊子草の説明書を書いている最中に、誤動作というわけではないのですが納得のいかない挙動が見つかったのでそれを修正しました。

姫踊子草の設定窓口における配列表示一覧は、見出しのところを主ボタンクリックして並べ替えることができます。これは単純に最後にクリックしたものだけ有効になるということではなく、クリックした順序の逆順で並べ替えの優先順位が決まるようになっています。そのあたりは新しい説明書の各種配列/入力法の選択に例を示しているので参照してください。

いつものように公式サイトから公開最新版を入手いただけます。姫踊子草版2.0011号構築2番です。あと、公式サイトからワンクリックで新しい説明書(制作中)を参照できるようにしておきました。

[2011-05-06 追記] 文中に残っていた「例えば」で切れていた一段落を削除。

スポンサーサイト

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

記録しないときの動作を改善?(姫踊子草2.0011.3)

こんばんは。ちょっと気になる問題点を見つけたので修正してみました。

姫踊子草ではファイルに動作記録を残すことができますが、ファイルに残さない場合でも余分な動作をしていることがわかったため、そこを手直ししてみました。わかるほどの改善ではたぶんないと思いますが、それでも動作負荷をへらすのは重要なので更新です。

いつものとおり、公式サイトにて最新版を公開しています。姫踊子草版2.0011号構築3番です。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

Sphinx用読み仮名指定拡張の公開

皆様、ご無沙汰しております。

姫踊子草の新しい説明書を作ろうとして、Sphinxというツールが便利そうなので使い始めたところ、日本語で索引を作る機能がまだないという信じられないことがわかりまして。

それで、手がでないようならさっさと諦めて別の手段を選ぶべきところ、なまじ改良できそうだったのが運のつき。半月以上かけて改造コードを公開するところまでやってしまいました。

この際、ということで、寄付を受ける手段やらなにやらといろいろと調べたりしているうちにどんどん時間が過ぎてしまいました。それもこれも国際的なツールを日本語にちゃん対応させるためとお考えいただけるとありがたい次第でございます。

その改造コードをhttp://h12u.com/sphinxにて公開いたしております。ご興味のある方はお試しください。


実は公開作業自体は昨日の時点で完了していたんですがそこで力尽きました。


作業しながらはっきり問題意識を持ちましたのは、例のCtrlやらなにやらが押しっぱなし扱いにされてしまうアレ。いくらなんでもちょっと頻繁にすぎると正直思いました。Ad Hocな手段を使ってでもどうにかして改造しないと、説明書どころではないと改めて考えた次第でございます。

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

配列定義ファイルに空白キーを指定できない瑕疵を修正(姫踊子草2.0011.4)

こんばんは。しばらくぶりの姫踊子草更新です。

配列定義ファイルにおいて、空白キーを指定するために半角空白を使ったり入力側のみ $ を使ったりできる、ということになっていましたが、実はこれらがほとんど機能していなかったことに対する問題修正を行いました。

半角空白については行末にあったときに認識されず、$ に至ってはどこにおいても無視されていました。

何をかいわんや、な話ではありますが取り急ぎお知らせまで。

いつものとおり、公式サイトにて公開最新版を提供しております。姫踊子草版2.0011号構築4番です。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

配列定義からかな文字配列の有効/無効を切替可能に(姫踊子草2.0011.5)

こんばんは。もう何日ぶりなのかすらもわからない、姫踊子草の二日連続更新です。

従来から、特殊なかな文字配列という位置づけで漢字直接入力に対応していますが、当の漢直にもともと含まれない漢字とか、思い出せない漢字を出力するために一時的にかな漢字変換を使いたい場合があるだろう…ということで、かな文字配列についてだけ手元で有効・無効を切り替えられるようにしました。

  • FYKa - かな文字配列を有効にする
  • FYKd - かな文字配列を無効にする
  • FYKt - 出力のたびにかな文字配列の有効/無効を切り替える

注意点として、かな文字配列定義ファイルに FYKa や FYKt を書いてもファイルを無効にされていたら効力を持ち得ません。ですので、制御出力配列などのその他の定義ファイルでこれらを指定する必要があります。

もちろん FYKd であれば有効→無効で意味がありますし、FYKt でも有効→無効に限り動作します。

姫踊子草版2.0011号構築5番の入手は公式サイトにて。

ついでに鍵盤補助画像などの表示制御も可能に(姫踊子草2.0011.6)

本日も姫踊子草を更新しております。

補助鍵盤画像や待ち入力表示を配列定義ファイルの中で表示/非表示制御できるようにしました。昨日拡張した分とあわせて、漢字直接入力を使っている時は表示させて、そうでないときは非表示にするという動作を考慮したものですが、漢直以外でも普通にお使いいただけます。

  • FYHa/FYHd/FYHt - 補助鍵盤画像の表示/非表示/それらの交互切り替え
  • FYMa/FYMd/FYMt - 補助鍵盤画像の表示/非表示/それらの交互切り替え

昨日新設した分の T を H とか M に変えたものです。

最新版2.0011号構築6番は公式サイトにて入手いただけます。

theme : キーカスタマイズ
genre : コンピュータ

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。