スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽屋裏復活?

はじめて私の文章をお読みになる方ははじめまして。

このブログは(旧)姫踊子草の楽屋裏を直に後継するべぐ開設されました。

が、私のことですから三日坊主にはならなくても二週間ないし一ヶ月前後で飽きる可能性もかなり高いと思われます。

他方、当ブログの開設同様、突然文章を書き出す可能性もあるので油断できません。鈴見咲ウォッチは簡単ですが油断のしすぎにご注意ください。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

TB: トラックバック企画 文字入力のこと

さて、挨拶もそこそこに。

どこのブログサービスを選ぶかで時間かかりすぎて忘れそうになりましたが、なんでまた今になって姫踊子草ブログを書こうと思ったのか、という話も兼ねて意見のエントリーといたしましょう。

きっかけはTB:文字入力のこと やぎの場合という話。やぎさんの体験はあまりにも酷すぎる。

「カナなんかかっこ悪い!」

だとか、
家族や友人に「カナで打ってる」と言ったら馬鹿にされたとかで。
それだけで僕を無能呼ばわりしたり。

だとか。あとは元の文章をご覧頂くとして。

なんていうのか、キーボードの話に限らずこういう『同化圧力』みたいなのはものすごくイヤ。そんなにみんないっしょがいいのならロボットをたくさん作ってあらゆる生物を滅ぼしてしまえ。…何の話ですか俺。

ちなみにかえでさん→ぎっちょんさん経由。

やぎさんはトラックバック企画 文字入力のことてのを一週間固定で募集しておられる様子。えーと、21日まで?私も便乗しておきましょう。どう書いたってシェアウェアの宣伝になってしまうのがアレですが。

1.入力方式は?

姫踊子草(かな)配列です。そのために必要なソフトの開発までやりました。

そのソフトは姫踊子草配列専用ではなくある程度任意の文字配列を使える形にして公開(シェアウェア)したので、入力法にこだわる方の間ではそこそこ知られるようになったらしいです。

仮名文字や句読点についてはタッチタイプができますが、数字とか記号の一部とかは未だに目視です。 BS とか IME-On/Off とか Enter とかは、姫踊子草配列の応用としてそれぞれ I+J, O+H, O+J の同時打鍵で済ませています。

2.日本語入力システムは?

今は ATOK16 を主に使っていますがそれほどこだわりがあるわけではありません。冨樫さんの「風」も購入しました。

3.キーボードは何を使ってますか?

BTC-5100C ってのを使っています。こちらもこだわりがあってのことではなく、前述のソフトを英語キーボードにも対応させて欲しい、という話が出たときに2000円ほどで購入したものです。でもノートPCにくっついてるのよりはさすがにキータッチ感がいい。

ところで、こーいう書き方でトラックバックって合ってたっけかな?

more...

わすれないきせき

出遅れもいいとこですが、最近(ちょっと前?)に流行ったらしい「であったきせきはであえないわすれないきせき」を三秒で入力できたら神って話。

姫踊子草のローマ字タイプソフト対応機能にて、姫踊子草配列でのべ三十回くらいトライした結果がこれ。

wasurenaikiseki.png

厳しいことは厳しいですが、三秒で神ってことはなさそうです。

アプリケーションの正確性とかも少々取りざたされているようですのでこれが本当に2.7秒弱だったかどうかは不明ですが、21音節(=姫踊子草配列の打鍵数)なら口で言っても余裕を持って間に合う速度ですから、ありえないスピードではないと思います。

いや、ちょっと頑張りましたけども。

…ところで、この話の元ネタってどこ?


とりあえず、見たかえでさんとこと、Uジローさんとこと、quarkさんとこにトラックバックを打っといてみる。

「わすれないきせき」の速度検証

「わすれないきせき」の話題の続き。

Uジローさんが速度検証用のテストアプリケーションを公開されました
これどーやって使うのよ?とか思いましたが、今回の検証上の使い方として端的に書くと
  • ローマ字入力を使う。
  • 開始ボタンクリックでスタート。ボタンにフォーカスが当たっているときは Enter キーやスペースキーでもスタートできる。
  • ひらがなになったりカタカナになったり、または赤背景が白に戻ったりすることで最スタートを確認できる。
  • 進行中はミスタッチをしたときに赤くなるだけ。正しく入力していれば何も起こらない
  • 最後まで入力すると終了して結果が表示される。
  • (姫踊子草からはローマ字練習ソフト対応機能を利用できる。)

ということのようです。「間に合わなかった文字」が何を意味するのかよくわかりませんけども。

で、前と同じ条件で十五回ぐらいやってみたけど、三秒切れませんw
しばらく頑張ってたらクリアできそうですが。

もしかしたら初公開かもしれない私のタイピング事情。

んー。改めて200回くらいリトライしたように思いますが、「第一打鍵から」で三秒を切るのが精一杯。
wasurenaikiseki2s.png
どんなもん打もそういう設定だったと思うのでそれでいいんですけど。
三秒ゼロ~三秒二のタイムは結構何度も出したのですが、そこに壁があって結構大変でした。説明付きのがでたようなのでそれで。

毎秒12打。姫踊子草換算なら毎秒6.9打(21打÷所要時間)。姫踊子草配列の一打は構造上「重くて打ちにくい」ので比較してもほとんど意味のない数字ですが。

ちなみに Qwerty ローマ字でトライした結果がこれ↓。
qwertyromakisekis.png

毎秒7.4打。姫踊子草配列換算なら毎秒4.3打。

ところで、前のUジローさんのエントリには、
配列研究をされている方々は、あまりタイピング系のことには興味がないかな、と思ったのだが、

てなことが書かれてますが、私もいくらかの興味は持ってます。激しく興味を持っているというわけではないんですが。

姫踊子草を積極的に更新し続けてた頃は TypeWell を遊びこんだりもしてましたが、今年は昨日はじめてやりました。今はときどき思い出したようにやるくらいかな。

ちなみに総合成績は一昨年八月に成立した 1020367(XI)。
ノーミスでは同十月に 986247(SC) を成立させてます。

昨日やったらミスだらけで SD でしたw

構造上、姫踊子草配列は他の配列に比べてトップスピードが頭打ちになるはずですが、それでもこのレベルには届かないこともないというお話で。

とりあえずの回答です>quarkさん

いかん、せっかく報告されているquarkさんへの回答をしてなかった。

・Shiftキー押しながらの英数入力でwvzsが小文字、他は大文字になる。

うわ、ひでえ。ちなみに大文字が入るのが仕様、小文字になるのがまちがいだったと思います。「思います」て何。

・Shiftキーで英字を打ち出した後、変換決定せずにShiftキー離し2文字目以降を打つと英文でなくかな配列の文字が打ち出される。

こちらは Ray さんから(飛鳥の公式掲示板があった頃の別の方だったかも)ずいぶん昔に求められた『仕様』です。でもこの機能は無効化の選択できればできた方がいいかなーと思ったりもします。要研究。

・Ctrl+Backspace(再変換コマンド)の挙動がおかしい。(IMEのみ)

確かに変です。つーか BS が遠いからほとんど使ったことないし。要研究。


・デスクトップホイールクリックでランチャーを呼び出せない。

…通常状態でもランチャー機能など存在しないらしい私のPC。うぁ。

・WeatherTypingで誤打連発する。
(中略)
これも9万円かけないと対応できないのだろうか。

去年の4月および6月にMicrosoft Visual C++ Toolkit 2003(コンパイラとリンカだけ)が公開されているので9万は要らないかもしれません。DDK が Toolkit 2003 だけで使えれば、の話ですが。

DDK の入手方法は微妙な感じ。発注すれば DDK 自体は無料だけどアメリカからの送料はこちら持ちらしい。時間・金額がどれくらいかかるのかもよくわかりません。公開されてた時代の古いやつなら一応ダウンロードしてあるんだけど、Toolkit 2003 ではちょっとやそっとではうまくいかなさそうだった。

本職の Windows プログラマーだったらフルセットの Visual C++ も MSDN も必然的にライセンス持ってるだろうからこの辺の出費を気にする必要はないんですけどね。

あと、単に私が知らないだけでもっと安価もしくはタダで開発ツールを入手できる(あるいは『すでにしている』=PSDK)のかもしれない。できなさそうだけど。

以上、当面の回答でした。どれが対応できそうなのかは現時点で全く不明。

配列の安定も大きな条件たり得るのか

驚愕の事実とまで書かれてしまいましたが。

私が今まで特に公開してこなかったのはいわゆる「俺様配列」として割り切っていたのと、そもそも高速打鍵を追求したものではない――『一音節一打』を目指したものである――ことが理由でした。

もっと早く書いとけば売上変わりましたかねー?

あと、現在の私とかえでさんやUジローさんとの差は単に年期の差であるかもしれません。姫踊子草配列は六版六案を名乗っていますが、これは三年前の初公開からずっと六版六案のままなのです。

私の TypeWellJK の練習実績には一昨々年四月~五月あたり、つまり配列公開から半年後くらいのデータが残っていまして、このころだと SI 前後をさまよっている感じです。そこから XI にたどり着くまで一年四ヶ月。長いんだか短いんだか。

かな入力に比べて英単語は遅い

この間、タイプウェルかなの成績がXI/SCだと書いたときに意外だとの声が上がりました。意外ついでに話のネタとしてもうひとつ。

私のタイプウェル英単語の成績はそれに比べるよくありません。というかかなり悪い。やはり姫踊子草を使って自分用にdvorak化しているにもかかわらず、です。

通常総合が935036(SG)、ノーミスになると886708(A)。ちなみに去年の7月の記録。SGあたりで毎秒7打になるはずなので話の辻褄はまぁまぁ合っているらしく。

この間の話に合わせてさきほどその7月以来に4モード一つずつ挑戦したところ、ミスがそれなりにある状態(平均13)のAでした。

そういえば、仮名配列の研究している人の中で英単語との成績の差に言及してる方っていらっしゃいましたっけか?
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。